06-6359-2200

営業時間:
10:00~17:00
定休日:
土日祝日

大阪の居抜き物件や貸店舗|ABC店舗 > 株式会社ABC店舗のコラム一覧 > 経年劣化

経年劣化

≪ 前へ|共有面積   記事一覧   管理組合|次へ ≫

経年劣化

カテゴリ:用語集
建物は新築時には全く劣化などはしていませんが、年を経るごとに風雨やその建物を使用をすることで徐々に傷んでいきます。このことを経年劣化と呼びます。経年劣化は簿記会計上では減価償却として処理を行うものです。 経年劣化により少しずつ物件が傷んだときでも、たとえば修繕工事などを行ったりあるいは取り壊して新築することもあり得ます。あまりにもその物件の損傷が激しい場合には一度取り壊して新築し直した方が、結果として安上がりになるからです。また最新の工法がかつての新築物件では使用できないケースもあり得るため、経年劣化により傷んだ物件の修繕をあきらめるのも一つの考え方です。 この劣化を防ぐためには物件についてしっかりとした施工工事を行っておく必要があります。新築時点では痛みは当然ながらないにしても少しずつ傷んでいきますからその傷みを遅らせる施工を業者に任せるわけです。こうした取り組みが物件を劣化から守ることに役立ちます。  

物件は風雨に耐えながら年月を過ごしていくわけですが、昔の工法だと傷みが早い場合があります。そのためある程度は経年劣化を織り込んでおくものですが、それでも耐えられないことはあり得ますので、どこかで劣化からの修繕をあきらめる考え方が必要になります。 最近の工法と昔の工法とでは当然ながら技術が違いますから、修繕をし続けるよりもいったん倒してその後新築した方が安上がりになることもあり得ます。ただし固定資産税などの税金の関係もありますので、どちらが得かまた損得以外でもその物件について使用し続けるかどうか、考える柔軟さが求められるものです。 技術力の進歩で物件も長持ちする時代になっています。いずれかの段階で修繕を行うのであれば、技術力とコスト及びこれから新しくなったときの損得などを総合的に判断することが求められます。痛み具合を抑えるような施工技術もありますので、取り入れることで長持ちさせ経年劣化を遅らせることも大切です。
≪ 前へ|共有面積   記事一覧   管理組合|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


北長狭2丁目店舗

北長狭2丁目店舗の画像

賃料
27.8564万円
種別
店舗
住所
兵庫県神戸市中央区北長狭通2丁目10-4
交通
神戸三宮駅
徒歩2分

アスタくにづか2番館南104号室

アスタくにづか2番館南104号室の画像

賃料
21.846万円
種別
店舗事務所
住所
兵庫県神戸市長田区腕塚町6丁目1-31
交通
駒ヶ林駅
徒歩7分

神田レジデンス

神田レジデンスの画像

賃料
24.75万円
種別
店舗一部
住所
大阪府大阪市東住吉区駒川3丁目27-19
交通
駒川中野駅
徒歩2分

西谷商事㈱第四ビル

西谷商事㈱第四ビルの画像

賃料
6.6万円
種別
店舗一部
住所
大阪府貝塚市近木町8-4
交通
貝塚駅
徒歩1分

トップへ戻る